エンタメ

柏木由紀が難病!病名は脊髄空洞症で症状や今後の活動は?手術の可能性も

AKB48 柏木由紀 難病

AKB48の柏木由紀さんが、2021年6月3日放送の『主治医が見つかる診療所』で、脊髄腫瘍と難病である脊髄空洞症の可能性があると診断されました。

番組を見ていた人やニュースで知った人はびっくりして、心配の声が沢山上がっています。

柏木由紀さんの病名は、難病の脊髄空洞症ですが、今後の芸能活動はどうなるのでしょうか?

そもそも完治する病気なのでしょうか?

難病の脊髄空洞症の症状柏木由紀さんの現在の症状についてまとめました。

柏木由紀が番組で難病判明!病名は脊髄空洞症!

柏木由紀さんが出演している2021年6月3日の『主治医が見つかる診療所』で、難病が判明しました。

とてもショッキングなニュースですが、本人はTwitterで番組を紹介していて、冷静に今後について考えているようです。

 

AKB48 柏木由紀 難病出典:モデルプレス

柏木由紀さんは、2020年頃から左指にしびれがあり、整形外科で「手根管症候群」と診断されたことがあるそうです。

4本の指先が常にしびれている状態だったそうですが、常にスマホを持ち歩く生活が原因と考えていたそう。

しかし、診察した結果、左指だけでなく、左足、左半身にもしびれがあることが判明。

今回番組でMRI検査をして、精髄腫瘍の疑いと、脊髄空洞症の可能性があることが判明しました。

AKB48 柏木由紀 難病出典:モデルプレス

将来はしびれの範囲が広がり、ダンスなどの仕事や、私生活に支障がでるかもしれない、歩けなくなる可能性もあると告げられました。

早期発見となったが、仕事はもちろん私生活にも支障が出る可能性があることから、医師から病院での受診を勧められた。

引用: ORICON NEWS

脊髄空洞症の症状・治療方法

AKB48 柏木由紀 難病出典:Twitter

脊髄空洞症は10万人に1人と言われる難病です。

脊髄空洞症とは

脊髄空洞症とは、脊髄の中に脳脊髄液と呼ばれる液体が過剰に溜まり、脊髄が脳脊髄液によって内側から圧迫されてしまう病気です。

脊髄を形成する神経が障害を受けることから、運動障害、感覚障害などのさまざまな神経症状が引き起こされるようになります。日本において、脊髄空洞症は難病指定を受けている疾患のひとつであり、20〜30歳代の発症例が多いと報告されています。空洞の拡大は進行性であることが多く、手術療法により病状の進行を停止することが必要です。

引用:Medical Note

脊髄空洞症の症状

脊髄空洞症では運動や感覚を司る神経障害が起こるため、運動障害や感覚障害が生じます。空洞ができる部位によっても、上肢に症状が出るのか、下肢に症状が出るのかが異なります。さらに、感覚障害のなかでも特に温度と痛みが障害を受けることが多く、触られているという触覚は保たれることが特徴的です。そのため脊髄空洞症を発症すると、手を触られる感覚は残っているのに、痛みを感じない、あるいは火傷をしても熱さを感じない状況が生じることがあります。

引用:Medical Note

脊髄空洞症の治療

 

脊髄空洞症の治療ですが、脊髄の空洞が時間経過とともに拡大することがあるそうで、それを小さくすることを目的とした手術をします。

術後の後遺症ですが、脊髄そのものを触る手術なので、神経的な後遺症が生じる可能性あるとのこと。

脊髄空洞症で圧迫を受けていた神経の障害(しびれや痛み)がどの程度まで改善するかは、手術前の段階で予測することは難しいとありました。

柏木由紀さんは今後手術をすることになるかもしれませんね。

現在の柏木由紀の症状

AKB48 柏木由紀 難病出典:モデルプレス

脊髄腫瘍・脊髄空洞症の診断結果を受けて柏木由紀さんは、とてもびっくりされている様子。

誰でも自分が難病だなんて、まさか…と思いますよね。

結果を聞いたときは「私…? こんなに毎日元気で踊ってる私が、脊髄の病気なの?」と信じられなかったと振り返った。

引用: ORICON NEWS

柏木さんは、現在は毎日元気に踊っているようです。

だからこそ、信じられないですよね。

そして、YouTubeでは改めて検査をしたことを明かしています。

「すごく急いで何かをしなきゃいけない、治療をしなきゃいけないってことではなく、ゆっくり進行していくもので、一刻を争うとか命に別状もない」と現状を説明。

引用: ORICON NEWS

柏木由紀の今後は?

2021年6月3日のYouTubeで報告

柏木由紀さんの今後ですが、2021年6月3日のユーチューブで報告しています。

柏木由紀さんは、AKB48のコンサートを控えていたので、現在まで本格的な治療は始めていないそうです。

今後はスケジュールを見ながら、治療を開始していく模様です。

スケジュールと相談しながらというか、様子を見て、ちょっとまとまってもしかしたら治療に専念してっていう時があると思うんですけど。その時になってみないとどのくらいかわからないのですけど」と明かし、「本当にいい番組にいい病院も先生も紹介していただいて」と番組に感謝も伝えた。

引用: ORICON NEWS

柏木由紀さんの場合は、番組で早期に発見できたことで、治療することができるようです。

私の場合は早めに見つかって治せるということなので、様子を見て治療したいなと思います

引用:東スポWeb

 

柏木由紀 AKB48 難病 脊髄空洞症
出典:Twitter

そして、今後は治療をしていくことになるそうですが、今後もYouTubeの更新などは続けていくようで。

もう少しの間、アイドルをやりたいと思っていると心境を明かしています。

「すごくビックリした方もいるかもしれませんが、ユーチューブも変わらず更新していきます。治療までは。温かく見守ってもらえたら」とお願い。今は薬でしびれも収まっているといい、「人生いろんなことがあるなと。もうちょっとアイドルをやりたい。めちゃくちゃ元気です!」と笑顔を見せた。

引用:東スポWeb

手術の為、活動休止をHPで発表

2021年6月8日、公式ホームページにて柏木由紀さんの活動休止を発表しています。

「大事をとり早期手術と治療のため、一定期間の休養をいただくことをご報告申し上げます」

手術をすることになった柏木由紀さんですが、残念ながら完治することはないようで。

ただ、手術によって進行を止めることは可能で、手術がうまくいけば、通常通り活動することができるとのこと。

脊髄の裂け目が修復されることはないため、残念ながら完治することはありません。進行を止めるという形になりますが、手術が成功し、チューブが機能していれば、痛みやしびれが無くなるケースがほとんどです。通常通り活動することができます。

引用:日刊スポーツ

活動休止がいつまでなのか定かではありませんが、激しい運動でなければ、何かイベントに出られる可能性もあるそうです。

【追記】2021年6月25日手術成功

柏木由紀さんの脊髄腫瘍の手術ですが、2021年6月25日に7時間以上の手術に耐え、無事に成功したようです。

6月28日現在、術後の状態も安定しているようで、公式サイトで発表がありました。

リハビリも少しづつ開始し、順調のようで、ホッとしました!

現在、ツイッターやYouTubeの更新を休止している柏木由紀さんですが、1日でも早く、元気な姿を見せてくれることを願っています!

 

まとめ

AKB48の柏木由紀さんが、2021年6月3日放送の『主治医が見つかる診療所』で、脊髄腫瘍と難病である脊髄空洞症の可能性があると診断されました。

その後の検査で脊髄空洞症であることが判明。

柏木由紀さんは現在は治療を始めていませんが、今後はスケジュールを見て治療を開始していく模様

今後、手術を受ける可能性もあります。

本人はもう少しアイドルでいたいと願っているが、人生何があるか分かりませんねと、元気な姿をYouTubeでは見せてくれました。

柏木さんはYouTubeは更新をしていくようですが、アイドル活動をどうするのか今後も注目していきたいと思います。